お気に入りに追加

N88互換BASIC 1.10

スポンサードリンク

Windows95 以上で動作する N88BASIC互換 のBASICインタプリタです。

N88互換BASIC
ソフト種類: Shareware
日付追加: 2010-03-11
対応OS: Windows 95,Windows 2000,Windows 98
ファイルサイズ: 2.31MB
ソフト作者: 潮田 康夫

対応言語

N88互換BASIC 1.10】の開発者説明

Advertisement
Windows95 以上で動作する N88BASIC互換 のBASICインタプリタです。
N88BASIC 上で蓄積したプログラム資産を、Windows 上で走らせることが可能です(当然、DOS/Vマシンでも動く!)。また簡単な教育用言語としても利用できます。16ビット版に比べて約10%程度、処理が高速化しました。
このシステムには次のような利点があります。

・プログラム画面、実行画面、デバッグ画面がそれぞれ独立しているので、わかりやすい。また、プルダウンメニューとツールバーを使って、プログラムの読込み/保存や、実行をワンタッチで制御できます。
・エクスプローラーからプログラム画面へ、BASIC プログラムをドラッグ&ドロップで読み込むこともできます。
・エクスプローラーに拡張子連動機能を使って登録しておくことにより、BASICのソースプログラム(テキスト形式で保存されたもの)を、ダブルクリックによって、プログラム画面を経由することなく、ダイレクトに実行する機能をもっています。この機能によって、自作のBASICプログラムを、Windows アプリに変身させることができます。
・Windows アプリなので当然ですが、印刷機能はプリンタの種類を選びません。PC-PR201系プリンタでしか行えなかった、プログラムリストの印刷や画面のハードコピーが、レーザープリンタのネイティブモードで可能です。
・RS232C によるシリアルポート入出力ができます。「通信の設定パネル」によって、通信速度などの通信パラメタの設定が可能です。
・プログラム中から実行画面の大きさを自由に変えられます。(WIDTH命令を使います。)
・BMP形式の画像ファイルを簡単に扱えます。(具体的にはBLOAD/BSAVE命令を使います。)
・画面の行数、文字数はWIDTH命令を使って自由に変更できます。従って80文字×25行、640×400ドットというDOSの制約から開放されます。
・プログラム画面やデバッグ画面でHELPキー(101/106キーボードではENDキー)を押すと、文法ヘルパー機能が利用できます。これによって、命令の文法や各パラメタの意味を、すばやく問い合わせることができます。

 98のハードウェアと Windows95 上のVisual Basic 6.0 の構造の違いから、本システムには、次のような制限事項があります。

・読込みできるのは、テキスト形式で保存されたBASICプログラムだけです。保存もテキスト形式で行われます。最大4000行までのプログラムが読み込めます。
 (16ビット版では、32KBまでです。)
・変数と配列の要素は、合わせて100000個まで使用できます。
・テキスト画面は持たないので、文字はすべてグラフィク画面に書き込まれます。
・テキストの表示モードは、漢字モード、カラーモードのみです。
・グラフィックで、LINE 命令や、PAINT 命令でのラインスタイルやタイルストリングは使えません。これらの指定は、フォアグラウンドカラーと解釈されて実行されます。
・文字列の中で8ビットのバイナリデータを扱うことはできません。従って、MKI$
 MKS$、MKD$ などの関数は扱えませんし、&H81~&H9F、&HE0~&HFC の範囲の文字コードは代入しても &H0 として扱われます。(内部的にはUnicodeを使っている
 ことによる、32ビット版での新しい制限です。)
・グラフィックで描画後の COLOR= 命令によるパレットの変更はできません。代わりに、COLOR= 命令を使ってパレットを次々に変えながら描画することにより、最大256色を画面表示することが可能です。

 サポートしていない命令や関数は、プログラム中にあってもエラーにはならず、変数として処理されます。

プログラム関連 N88互換BASIC

よくある質問 | ご利用案内 | Copyright 2002 - 2010 BrotherSoft.com All rights reserved. リンクについて | 初めての方 | Weeebs.com | AfreeCodec.com